粋な大人の男が集うシガーバーへの誘い


シガーバー

 

遊び慣れた葉巻好きの粋な大人が集う場、シガーバー。日常的に葉巻を吸うという方であれば”行きつけの一軒”がある方も多いのではないでしょうか。都市を中心に、会員制をとっているバーも多いものです。上質な空間で美味しいスコッチに、お気に入りの葉巻をくゆらす。そんな瞬間はまさに全てを忘れることのできる、至福の時間。同時に実にダンディであります。

 

そしてそんなダンディズムに憧れる若年者・葉巻初心者も多いもので、しかしながらそのハードルの高さゆえ、足踏みをしてしまうところでもあります。そこでこのページではこれからシガーバーでしっぽりと葉巻や酒を愉しんでみたいという方に向けてシガーバーというものを噛み砕いていこうかと思います。

 

葉巻を楽しむ場としてのシガーバー

シガーバー

 

近年、肩身の狭いスモーカーたち

ここ最近では様々なところで分煙や禁煙などといったことが叫ばれ、また喫煙の害が強調されるなどしてタバコを吸う人は肩身の狭い思いをしながら隅へ隅へと追いやられています。とりわけ葉巻に関して言えば通常のタバコに比べて煙や香りも強いといった理由などから吸うことができる場所がかなり限られています。葉巻愛好家からすればあまり好ましいことではありません。

 

そんな葉巻愛好家から愛されるシガーバー

しかしながらその中でも、シガーバーという場所は自分の心ゆくまで思う存分葉巻を楽しむことができる場として葉巻愛好家からは愛されています。客が葉巻をストレスなく楽しむことができるように空調関係の設備などにも特別気が遣われていたり、各国様々な種類の葉巻を多数取り揃えていたりします。当然、葉巻に精通したスタッフもいて、いつも最高のサービスを提供してくれます。

 

”社交場”としてのシガーバー

それと同時に酒や料理といったもの、それから他の客やマスターとの語らいもまた、最高です。葉巻とお酒のマリアージュもシガーバーではもちろん楽しめますし、その場に居合わせた客同士、スタッフと意気投合するというのもよくある光景です。シガーバーはそんな、”社交場”としての要素も兼ね備えているわけです。

 

 

入店したらまずはじめに。

扉

 

重厚な扉を開ける。緊張の瞬間。

シガーバーに限らず、格式高いオーセンティックバーなども含め初めての店に訪問する際、最も楽しみでもあり緊張するのが入り口のドアを開ける瞬間。まさにここ。まず扉の重厚感に圧倒されるわけです。
どんな雰囲気の店なんだろうか、店員さんはどんな風に出迎えてくれるんだろうか、自分にはハードルが高すぎやしないか・・・色んな想いが交錯します。

しかしそこをなんとか踏ん張ってひとたびその重厚で存在感のある扉を引いて中へ入ると、そこはまさに洗練された大人の社交場。遊び慣れた悪そうな大人の男たちが集う上質空間が広がります。若年者にとっては”夜の学校のよう”などと形容されることもあるような素敵な場です。

 

着席の前に・・・

さてここで入店してすぐズカズカと席を陣取る、という暴挙に出るのは一旦よしておきましょう。カウンターを中心としたバーではどの席に座るのか、というのは少し気を遣うところであります。というのも暗黙の了解的な感じで常連客がいつも座る席が決まっていたり、バーテンダーがカクテルを作る場所との関係があったり、他の客の入り方・座り方との兼ね合いがあったりするためです。

案内された場合は素直にそれに従えば問題ないです。しかし「ご自由に」という場合にはもちろん一番下座に座る必要はないですが、入店した時点で瞬時に状況を把握して適切なところに座ることができたらいいいですね。

 

 

どんな酒、どんな葉巻を頼む?

葉巻と酒

 

酒を注文する

さて席についたら次はまずお酒の注文です。シガーバーにしてもシガーを置いているオーセンティックバーにしても店によってはメニューを置いてないところもよくあります。そういったときでも焦らず、お酒のことがよくわからない場合はバーテンダーに相談すると良いでしょう。向こうはプロですから、好みを伝えればそれに見合ったものを提供してくれるものです。

 

葉巻を注文する

そして次はいよいよ葉巻。ここでも当然、自分の好きなものを好きなように注文すれば問題ありません。迷ったらバーテンダーに相談するのもまたありかと。初心者であることを正直に告げて、色々とアドバイスをもらえばいいことです。

参考までに過去の記事もまた読んでみてください
葉巻初心者におすすめの一本

お酒と葉巻のよりよい組み合わせについてはこちら
葉巻と酒を組み合わせて是非とも。

酒や葉巻に関して、もちろん一般論として「これとこれが合う」という話はありますが、なによりも大切なことは「自分が好きなように」というスタンスなのではないでしょうか。自分が本当の意味で愉しむことができる、適切な選択をというのが一番です。その姿勢を是非とも尊重していただければいいのではないかと。

シガーバーで葉巻を嗜む際にはこちらの記事を読んでいただければわかるかと思います。
葉巻の吸い方について、その基本から全て解説。

 

 

シガーバーでの紳士の振る舞い

1111

 

さて、酒や葉巻を頼んでバーテンダーから提供されればあとはそれや空間を自分なりに愉しむのみ。
一人でぼーっと考え事をしながら静かにじっくりと味わうのもよし、その場に居合わせた紳士と楽しく語らいながら時を過ごすのもまたよし。あなたなりの愉しみ方を見つけていただければいいのですがやはり常に頭の片隅に覚えておくべき大切なことが”スマートさ”。それに尽きます。

なにせその場はファミレスや大衆居酒屋ではなく、大人が集う”社交場”。支払う料金がそれなりであれば集う人もまたそれなり。上品なジェントルマンが大半です。そんな中では当然ながら紳士としての振る舞いが求められるわけです。

 

逆に言えばその振る舞いが全て。夜のバーでは会社での肩書きや収入などといったことは関係ありません。その人のファッションや会話の中で垣間見ることのできるその人の文化、嗜む対象のグレード、溢れ出るオーラ、そういったところが見られています。それらを含めた、振る舞いというものがやはり”社交場”では大切になってくるのではないでしょうか。

 

それらを気に留めておけばシガーバーは非常に有意義で、あなたの心を満たしてくれる特別な場になります。本当に素晴らしい空間です。お気に入りの一軒が見つかって店とも良好な関係が築けると、長い付き合いになります。それはあなたのライフスタイルにとってもかなり大きなことであると言えるのではないでしょうか。

ぜひそのためにも一歩踏み出してみるというのもいいかもしれませんね。

 

 




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

葉巻初心者に読んでほしい。










当サイト内のおすすめ記事はこちらから

葉巻の吸い方

シガーバー

葉巻とは

葉巻初心者

葉巻の歴史

葉巻虫

葉巻の害

このページの先頭へ

アクセスランキング