葉巻の害。タバコとの違いは?健康への影響は?


 

葉巻の害

このページでは葉巻が人の健康へ及ぼす害についてお話ししています。葉巻は肺まで煙を入れない分、タバコよりも害は少ないんじゃないかとかそういったことを思われがちですが、結論から言ってしまえば葉巻にも当然ながら害はあります。

人生を豊かにしてくれる葉巻ですが闇の部分があるのも確かです。そういったことにもしっかりとした理解を持ってうまく葉巻と付き合っていくのが大切だと言えます。それでは1つずつお話ししていきましょう。

 

 

葉巻とタバコ、吸い方の違いによる害の違い

タバコの害というのは特に近年、様々なところで叫ばれています。分煙などといったこともかなり推し進められてきて愛煙家は結構肩身の狭い思いをする時代になってきていると言えます。

 

タバコの害を語る上でよく取り沙汰されるのは「ニコチン」と「タール」ではないでしょうか。タバコに含まれるそういった有害物質を肺まで入れてしまうためそこで体内に吸収されて喫煙をする人は肺がん等のリスクがかなり高まるとはよく言われることです。

 

それでは煙を肺まで入れることのない葉巻はそういった害はないんじゃないか、と思われるかもしれませんが実はそうではないんですね。葉巻でもニコチンなどによる害はあります。

葉巻の場合は肺ではなくて、口などの粘膜から直接ニコチンが体内へと吸収されてしまうんです。

 

したがって通常のタバコと同様に葉巻を吸う場合においてもニコチン依存等の作用は起こってきますし、当然ながら人体への害もある、ということが言えるわけです。

 

 

紙巻きタバコに比べると圧倒的なニコチン量の葉巻

葉巻の害

 

そもそもニコチンとは何か、といえば葉巻やタバコの原料となるタバコ葉の中に含まれている自然由来の有毒物質です。
紙巻きタバコはタバコ葉を刻んだものを紙で巻いて作られるものなのでタバコ葉自体の量としては数グラム程度ですが、葉巻というのはその全てがタバコ葉によって作られます。それに加えて太さや長さも通常のタバコよりもあるわけなのでタバコ葉の使用量としてはかなりのものになってきます。

当然ながらそれに伴ってニコチン量も増えます。
タバコの数倍とかのレベルではありません。それゆえ、葉巻を肺喫煙したら大変だとよく言われるわけなんですね。
タールに関しても同様です。

基本的に依存性を引き出す原因がニコチンで、ガンなどといった病気の原因になるのがタールということになります。

 

 

葉巻喫煙者は非喫煙者に比べて肺がんの発生率が9倍高い

ガンの発生率や死亡率などといったデータも数字として出てしまっています。
一説によるとある種の発がん性物質は紙巻きタバコのタールよりも葉巻のタールの方に多く含まれるといった事柄もあってそれゆえ葉巻の方が通常のタバコよりも発がん性が高いなんて言われていたりもするようです。

 

プレミアムシガーなんかは100%タバコ葉を使って作られるためその分有害物質も多く含まれることになるというのは前述の通りですがまあ吸い方が違う分、どちらがリスクが高いかといったことは一概には言えませんしその議論もあまり意味がないものかと思います。

 

 

いずれにせよ、葉巻は紳士の嗜みです。
様々なリスクが伴うのは周知の事実ですがそういったことも全て含めてうまく葉巻と向き合い、よりよく楽しんでいくことができればいいのではないでしょうか。
葉巻があなたの人生を充実させ、豊かにするのは言うまでもありませんから。

 

 

 

【参考サイト】
http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/cigar.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%99%E5%B7%BB%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93
(2015.11.26 アクセス)

 

 

 

 




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

葉巻初心者に読んでほしい。










当サイト内のおすすめ記事はこちらから

葉巻の吸い方

シガーバー

葉巻とは

葉巻初心者

葉巻の歴史

葉巻虫

葉巻の害

このページの先頭へ

アクセスランキング